Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年末に「Flash」のサポート終了 - Adobeが表明

Adobe Systemsは、2020年末に「Flash」のサポートを終了すると発表した。同年まではセキュリティパッチを引き続き提供するとしている。

20170727_as_001.jpg
「Flash」サポート終了を表明したAdobe

「HTML5」「WebGL」「WebAssembly」といったウェブ標準技術の成熟により、「Flash」をプラグインとして提供する必要性が低下していることを理由に提供を中止するもの。

Adobe Systemsでは、2020年まで「Flash」についてOSやブラウザとの互換性を維持し、セキュリティパッチについても提供していくが、同年末に「Adobe Flash Player」のサポートを終了。アップデートやセキュリティパッチなどの提供も行われなくなる。

互換性の維持にあたっては、「Microsoft」「Google」「Apple」「Mozilla」「Facebook」など、パートナーと協力しつつ、「Flash」のサポート終了に向けた活動を展開。コンテンツ制作者へ既存の「Flashコンテンツ」についてあらたなフォーマットへの移行を促していく。

また同社は、ウェブスタンダードの開発をリードし、積極的に参加するとしており、「HTML5」「WebAssembly」などへ貢献していくとしている。

(Security NEXT - 2017/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6月のMS月例パッチが公開 - 脆弱性88件を修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
Adobe、複数製品に対してアップデート - 「Flash Player」「Acrobat」以外のユーザーも注意を
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ修正は含まず
macOS向けに「.NET Framework」を用いた攻撃 - 「Gatekeeper」を回避