Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ人材のキャリアパスや処遇改善など検討する「JTAG」 - 発起人会が発足

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の下部組織である情報セキュリティ教育事業者連絡会(ISEPA)は、セキュリティ人材のキャリア基盤拡充を目指す組織「JTAG」の立ち上げに向けて準備に入った。企業や団体に参加を呼びかけている。

20170726_jn_001.jpg

セキュリティ人材が幅広く活躍できる環境の整備に向け、「JTAG」による活動をスタートすべく、オブザーバを含む6社によって発起人会を立ち上げたもの。

市場が求めるセキュリティ人材のニーズについて明確化、人材のキャリア基盤拡充策を検討し、人材の需要に対して適した人物が配置されるしくみの構築に取り組む。

発起人には、NRIセキュアテクノロジーズ、デロイトトーマツリスクサービス、パソナテック、ラックのほか、オブザーバーであるパソナなど6社が名乗りを上げた。

(Security NEXT - 2017/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、登録セキスペの説明会を開催 - 制度やメリットなど紹介
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%