Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Bitcoinの取引停止を前倒し - 日本仮想通貨事業者協会

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)は、Bitcoinの分岐危機に関して、7月23日にソフトフォークが発生することを受け、受け入れや引き出し受付など取引の停止を当初より前倒しすると発表した。

プロトコルの分岐について、当初予想されたソフトフォークが7月23日に発生することになったことから、同協会加盟業者13社における受入や引出受付といった取引の停止措置についても、ソフトフォークの発生前に実施するもの。

またハードフォークによる分岐についても、8月1日に発生する可能性が引き続きあるとしており、分岐すればあらたに形成されるブロックチェーンによって「Bitcoin」と同等数のあらたな仮想通貨「Bitcoin Cash」が派生すると見られている。

「Bitcoin Cash」の帰属や取り引きといった取り扱いについては、同協会の各会員の規約で定められるとし、顧客へアナウンスなど実施するよう同協会では会員企業へ求めている。

(Security NEXT - 2017/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

想通貨取引所「Zaif」がBTCを0円売買 - 不具合を原因として無効化
「Oracle WebLogic Server」狙う脆弱性攻撃を12月後半より観測 - 警察庁
個人情報盗むChrome拡張機能、公式ストアに89件 - 削除妨害機能も
コインチェック、業務改善報告書を金融庁へ提出
仮想通貨関連の広告審査サービス - イー・ガーディアン
フィッシング報告、2カ月連続で減少 - 800件台に
偽の仮想通貨「SpriteCoin」で忍び寄るランサムウェア - 収益性高いと吹聴
金融庁、コインチェックに業務改善命令 - 顧客対応や原因調査が不十分
「Coincheck」で約580億円分の仮想通貨が不正送金 - 自己資金で補償する方針
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も