Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Bitcoinの取引停止を前倒し - 日本仮想通貨事業者協会

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)は、Bitcoinの分岐危機に関して、7月23日にソフトフォークが発生することを受け、受け入れや引き出し受付など取引の停止を当初より前倒しすると発表した。

プロトコルの分岐について、当初予想されたソフトフォークが7月23日に発生することになったことから、同協会加盟業者13社における受入や引出受付といった取引の停止措置についても、ソフトフォークの発生前に実施するもの。

またハードフォークによる分岐についても、8月1日に発生する可能性が引き続きあるとしており、分岐すればあらたに形成されるブロックチェーンによって「Bitcoin」と同等数のあらたな仮想通貨「Bitcoin Cash」が派生すると見られている。

「Bitcoin Cash」の帰属や取り引きといった取り扱いについては、同協会の各会員の規約で定められるとし、顧客へアナウンスなど実施するよう同協会では会員企業へ求めている。

(Security NEXT - 2017/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Oracle WebLogic」に脆弱性、攻撃が発生中 - 早急に更新を
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に