Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティハンドブック」、国内27の電子書店で無料配布

政府は、初心者向けにセキュリティ対策の基礎知識をまとめた「情報セキュリティハンドブック」の電子書籍を無償で配布している。国内27の電子書店から入手することが可能。

同ハンドブックは、インターネット初心者でもわかりやすくセキュリティ対策の基本的な知識を解説したもの。内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が作成し、同センターのサイトやポータルサイト「みんなでしっかりサイバーセキュリティ」において、2016年2月よりPDF版を公開している。

今回、夏休みを控えた小中高校生もセキュリティ対策について学べるように、ハンドブックを電子書籍化。各電子書店で無料配信を始めた。一部書店ではオンデマンド印刷にも対応している。

配布サイトは以下のとおり。

ibooksStore
Kindleストア
ebookjapan
BOOKFAN
コミックシーモア
dブック
ひかりTVブック
music.jp
DMM.com
Kinoppy
Yahoo!ブックストア
GooglePlayブックス
GALAPAGOS STORE
セブンネットショッピング
honto
漫画全巻ドットコム
Dijital ehon
ニコニコ静画
cdjapan eBooks
Neowing eBooks
フジテレビオンデマンド
BOOKWALKER
BookLive!
ブックパス
ReaderStore
BookPlace
楽天Kobo

(Security NEXT - 2017/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
「CISOハンドブック」が公開 - 経営視点に立った業務執行ノウハウを収録
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
2月は「サイバーセキュリティ月間」 - 新版情報セキュリティハンドブックにアプリも
政府、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」 - ASEAN諸国と連携
政府、SAOタイアップイベントを開催 - トークショーやマンガ配布、VR体験イベントなど
セキュ月間が開始、3月18日(サイバー)まで - キャッチフレーズは「#サイバーセキュリティは全員参加!」
NISCとVRMMOアニメ「SAO」がタイアップ - IPAも採用か