Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン

サイバーリーズン・ジャパンは、コンシューマーや中小企業向けのランサムウェア対策ツール「RansomFree」の日本語版について無償提供を開始した。

同ツールは、米Cybereasonが開発したランサムウェア対策に特化したソフト。振る舞い検知とおとり技術によりランサムウェアを検知。ファイルの暗号化を阻止する。他社のセキュリティ対策ソフトとの併用も可能だという。

同社ではこれまでも英語版を提供してきたが。あらたに日本語版を追加した。同社サイトからダウンロードできる。

(Security NEXT - 2017/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ランサム「GandCrab」提供者が引退、キー削除か - ベンダーが最新の復号化ツール
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も