Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

100万件超ダウンロードされた人気ゲームアプリに「バックドア」 - Doctor Webが指摘

Doctor Web Pacificは、Google Playで100万回以上ダウンロードされている人気ゲームについて、未検査の関係ないアプリを密かにダウンロードできる「トロイの木馬」として動作するSDKが組み込まれていると報告した。

同社が問題を指摘したのは、Android向けに公開されている人気ゲーム「BlazBlue RR - Real Action Game」。同アプリは、ソフトウェア開発キット(SDK)の「Excelliance」を採用しているが、同SDKには、再インストールすることなくコンポーネントをダウンロードできる点に危険性が潜むとしている。

Doctor Webは、「Excelliance」が、自動アップデート機能などに利用できるメリットがあるとする一方、アプリ制作者の指示でGoogleの検査を受けずにコンポーネントを追加、起動できることを問題視。バックドア型の「トロイの木馬」であるとし、こうしたアップデート方法はGoogle Playの規約にも違反すると主張している。

同社によれば、「Excelliance」は、ゲーム本体起動後、本体を起動しなくとも、デバイスがインターネットに接続される度に起動。関係ないAPKファイル、DEXファイル、ELFファイルについて未検査でダウンロードできるほか、さらにルート権限を持っている場合は、端末利用者に気が付かれないようインストールすることが可能であると危険性を強調している。

同社では、同SDKをトロイの木馬「Android.DownLoader.558.origin」と命名、同社セキュリティ対策ソフトの検知対象とした。同社では今回の問題についてGoogleへ報告したとしているが、Google Playによる同アプリの排除は行われていない。

(Security NEXT - 2017/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
メールで届く「wizファイル」に注意 - マクロ有効化でマルウェア感染のおそれも
広告関連のPUAやマルウェアで検出全体の7割弱 - ESET