Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows Phone 8.1」など複数MS製品がサポート終了

「Microsoft Identity Lifecycle Manager 2007」や「Windows Phone 8.1」など、マイクロソフトの複数製品が7月11日にサポートを終了する。

同日にサポートが終了するのは13製品。同日以降は、脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムの提供が行われなくなる。

2017年は4月11日に「Windows Vista」のサポートが終了したほか、「Office 2007」のサポート終了が10月10日に控えている。

7月11日にサポート終了へ移行する製品は以下のとおり。

Engyro Product Connectors for Microsoft System Center Operations Manager 2007
Microsoft Identity Lifecycle Manager 2007
Microsoft Integration Designer 2.5
Microsoft Intelligent Application Gateway 2007
Microsoft ProClarity Analytics Server 6.3
Microsoft ProClarity Desktop Professional 6.3
Microsoft ProClarity SharePoint Viewer 6.3
Microsoft SoftGrid Application Virtualization 4.1 for Desktops
Microsoft SoftGrid Application Virtualization 4.2 for Desktops
Microsoft SoftGrid Application Virtualization for Terminal Services 4.1
Microsoft Virtual PC 2007
Microsoft Visual SourceSafe 2005 Standard Edition
Windows Phone 8.1

(Security NEXT - 2017/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WS 2008」のセキュリティ診断付きAzure移行支援サービス
既知の「Office」脆弱性を狙うメールが流通 - あらためて更新済みか確認を
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
国内で約2700万台の「Windows 7」端末が稼働 - MSが推計
「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など
「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
MS、EOL迎える53万台超の「WS 2008」を1年半後には「ゼロ」目指す - Azure再ホストなら3年間パッチ無料