Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows Phone 8.1」など複数MS製品がサポート終了

「Microsoft Identity Lifecycle Manager 2007」や「Windows Phone 8.1」など、マイクロソフトの複数製品が7月11日にサポートを終了する。

同日にサポートが終了するのは13製品。同日以降は、脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムの提供が行われなくなる。

2017年は4月11日に「Windows Vista」のサポートが終了したほか、「Office 2007」のサポート終了が10月10日に控えている。

7月11日にサポート終了へ移行する製品は以下のとおり。

Engyro Product Connectors for Microsoft System Center Operations Manager 2007
Microsoft Identity Lifecycle Manager 2007
Microsoft Integration Designer 2.5
Microsoft Intelligent Application Gateway 2007
Microsoft ProClarity Analytics Server 6.3
Microsoft ProClarity Desktop Professional 6.3
Microsoft ProClarity SharePoint Viewer 6.3
Microsoft SoftGrid Application Virtualization 4.1 for Desktops
Microsoft SoftGrid Application Virtualization 4.2 for Desktops
Microsoft SoftGrid Application Virtualization for Terminal Services 4.1
Microsoft Virtual PC 2007
Microsoft Visual SourceSafe 2005 Standard Edition
Windows Phone 8.1

(Security NEXT - 2017/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Office 2007」サポート終了まで3カ月 - 「Office for Mac 2011」もEOLへ
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応
Apple、Windows版QuickTimeのサポート終了をアナウンス
サポート終了でゼロデイ状態の「QuickTime for Windows」、インストーラにも脆弱性
今週でサポート終了の「Windows Vista」 - 数十万台規模が国内で稼働か
「Windows Vista」のサポート終了まで1カ月切る - 「Exchange Server 2007」なども
4月に「Windows Vista」がEOL - 「Windows 7」終了まであと3年
「Windows 7」からのOS移行、2割がEOLにまにあわない可能性
OpenSSL、複数の脆弱性へ対処したアップデートを公開
無償脆弱性緩和ツールの新版「EMET 5.52」がリリース