Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SECCON 2017始動 - 予選はオンラインのみ、決勝は国内大会と国際大会に

SECCON実行委員会は、セキュリティに関する知識や技術を競うコンテスト「SECCON 2017」を開催する。同委員会は記者会見を開催し、予選の日程など詳細を明らかにした。

20170629_se_002.jpg
記者説明会に登壇したSECCON実行委員会の竹迫氏(画面左)、寺島氏(同右)

同イベントは、国内最大級のセキュリティ技術を競うコンテスト。2012年より開催しており、今回で6回目。

年々規模を拡大しており、前回大会は99カ国からのべ4956人が参加。今大会では、累計6000人の参加を目指す。

前回大会では、ワールドワイドより参加できるオンライン予選にくわえ、学生向けの大会として地方予選を実施したが、今回は予選をオンラインのみに統一。12月9日から翌10日にかけて開催される予定。

(Security NEXT - 2017/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催
SECCON決勝戦が終幕 - 韓国チームが連覇、日本チームは3位と健闘
「SECCON 2017」が開催中 - 国内決勝は学生チームが制す
SECCON 2017決勝大会、一般来場者の受付を開始
SECCON決勝大会の進出チームが決定
SECCON、自作ツールのデモ展示企画「SECCON YOROZU」を実施
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の公募が開始