Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SECCON 2016決勝、存在感見せつけたアジア勢

セキュリティに関する知識や技術を競う国内最大の「CTF(Capture The Flag)」イベント「SECCON 2016」の決勝大会が、1月28日、29日に都内の東京電機大学で開催された。

20170130_sc_002.jpg

同イベントは、オンライン予選を勝ち抜いた国内外のチームが技術力を競うコンテスト。

12月10日に開催されたオンライン予選では世界99カ国からあわせて4956名が参加。

決勝では、日本をはじめ米国やアジア、ヨーロッパ、ロシアなど、同予選を勝ち抜いたチームや、連携大会の入賞者、地方予選を通過した国内の学生8チームなど、あわせて24チームが2日間にわたり攻防を繰り広げた。

20170130_sc_005.jpg
優勝したチーム「CyKor」

2日間の激戦を制して優勝を果たしたのは、台湾で開催された「HITCON 2016」の優勝者として韓国から参加した「CyKor」。

2位を1000点以上引き離す3433点を獲得。同チームには経済産業大臣賞が贈られた。

また2位には同じく韓国の「PwnPineappleApplePwn」が続き、中国から参加した「eee」が3位に続くなど、アジア勢が実力を見せつけた。

20170130_sc_007.jpg
竹迫氏

もっとも優秀な成績を収めた学生に贈られる文部科学大臣賞は、連携大会の「SANS NETWARSトーナメント2016」の優勝者として参加した学生チーム「dodododo」が受賞した。

SECCON実行委員長の竹迫良範氏は2日間の競技を振り返り、入賞を逃したチームも含め、細かく工夫に富んだ高度な戦いが繰り広げられたと総評。

同氏は「SECCONは今回で5年目。今後はサイバーコロッセオとのコラボイベントも控えており、オリンピックに向けても盛り上げていきたい」と今後の展望について語った。

(Security NEXT - 2017/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催
SECCON決勝戦が終幕 - 韓国チームが連覇、日本チームは3位と健闘
「SECCON 2017」が開催中 - 国内決勝は学生チームが制す
SECCON 2017決勝大会、一般来場者の受付を開始
SECCON決勝大会の進出チームが決定