Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ID-based Securityイニシアティブが発足

クラウドにおけるIDベースののセキュリティ対策について普及を目指す「ID-based Security イニシアティブ」を発足した。

20170623_ms_001.jpg
記者発表会の様子

同取り組みは、クラウドへの安全なアクセスを実現するため、IDをベースとしたセキュリティ対策の普及を促進するもの。クラウドソリューションなどを展開する8社を中心に発足した。主幹事はラックが務める。

ユーザーやデバイスに割り振られたIDを活用するID管理を軸にセキュリティ対策を推進。セミナーの開催や共同検証、技術資料の提供、導入事例の提供、政策提言なども視野に入れている。

「Active Directory」とそのクラウド版である「Azure Active Directory」、セキュリティソリューション「Microsoft Enterprise Mobility + Security」を中心として、協賛企業の製品やサービスと組みあわせながら、新しいセキュリティ対策ソリューションの開発や普及活動を推進。

またID技術に関しては、「Active Directory」に限定するものではないとしており、他ベンダー、クラウド事業者などの参加を広く呼びかけ、技術者などを育成していくという。

(Security NEXT - 2017/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
約7割が標的型攻撃への訓練実施 - 管理者3割「開封が評価に影響」
件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加