Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本マクドナルドのシステム障害がほぼ復旧 - 一部店舗で調査継続中

日本マクドナルドのシステムで障害が発生し、一部サービスが利用できない状態となっていた問題で、同社は6月21日にほぼ復旧したと発表した。

同社システムにマルウェアが感染し、6月16日未明より全国の店舗において電子マネーやポイント、宅配サービス「マックデリバリー」などが使用できない状態が発生していた。

同社によれば、6月21日にほぼ全店舗においてサービスが復旧した。ただし、一部店舗では現在もサービスが利用できないという。同社は店舗固有の問題と説明しており、引き続き原因究明を進める。

(Security NEXT - 2017/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
「WannaCry」ではない「Eternalblue」「Doublepulsar」攻撃が増加 - 「MS17-010」適用の再確認を
北朝鮮関与のマルウェア「BADCALL」「HARDRAIN」が明らかに - Android向けRATも
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用
Flashゼロデイ攻撃、北朝鮮攻撃グループ「TEMP.Reaper」が関与 - FireEye分析
「FFRI yarai」に新版 - マルチテナント対応の管理コンソールを追加
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
偽の仮想通貨「SpriteCoin」で忍び寄るランサムウェア - 収益性高いと吹聴
「標的型攻撃メール」が大幅増、プラント関連事業者が標的 - 実在の開発プロジェクトなど詐称
東京海上日動とMS、「テレワーク保険」を開発 - 対象端末に自動付帯