Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本マクドナルドのシステム障害がほぼ復旧 - 一部店舗で調査継続中

日本マクドナルドのシステムで障害が発生し、一部サービスが利用できない状態となっていた問題で、同社は6月21日にほぼ復旧したと発表した。

同社システムにマルウェアが感染し、6月16日未明より全国の店舗において電子マネーやポイント、宅配サービス「マックデリバリー」などが使用できない状態が発生していた。

同社によれば、6月21日にほぼ全店舗においてサービスが復旧した。ただし、一部店舗では現在もサービスが利用できないという。同社は店舗固有の問題と説明しており、引き続き原因究明を進める。

(Security NEXT - 2017/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
国際情勢など記載した外務省職員をかたるマルウェアメールに注意
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業