Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応

マイクロソフトは、6月の月例セキュリティ更新にあわせ、国家の関与が疑われるサイバー攻撃や、脆弱性の公表でリスクが高まっている脆弱性を明らかにした。「IIS 6.0」の脆弱性「CVE-2017-7269」や、6月の月例パッチで修正したゼロデイ脆弱性2件をはじめ、サポート終了OSに対してもパッチを供給している。

同社では、5月12日ごろから急速に感染を広げた「WannaCrypt」の発生を受けて、「Windows XP」をはじめとする旧OS環境に向けて、急遽アップデートを5月13日にリリースしているが、あらたにセキュリティアドバイザリを公開し、脅威が高まっているとされる脆弱性を明らかにした。

また今回のアドバイザリで示された脆弱性については、本来サポート期間が終了し、セキュリティ更新の提供対象ではない「Windows XP」同Vista」「同8」「Windows Server 2003」「同R2」に対してもセキュリティ更新を用意したという。

具体的には、2014年11月の定例外更新「MS14-068」で修正された権限の昇格が生じる「Kerberos」の脆弱性「CVE-2014-6324」をはじめ、「MS17-010」で解消され、「WannaCrypt」の感染活動など「EternalBlue」でも悪用された脆弱性、「MS17-013」で対応した「Microsoft Graphicsコンポーネント」の脆弱性などを挙げた。

(Security NEXT - 2017/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大