Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「Windows XP」などサポート終了OS向けに緊急パッチ - LAN内端末狙う「WannaCrypt」対策で

マイクロソフトは、ランサムウェア「WannaCrypt」の発生を受け、サポートが終了したOSに対するアップデートを急遽公開した。同ランサムウェアは、ウェブやメール経由にくわえ、ネットワーク内の他感染端末を経由し、アップデートが行われていない脆弱な端末に感染するおそれがある。

20170515_ms_001.jpg
例外的に公開された「KB4012598」(画像:マイクロソフト)

ランサムウェア「WannaCrypt」の大規模な攻撃が確認されたことから対応を講じたもの。

同ランサムウェアは、「WannaCrypt」のほか、「WannaCryptor」「WanaCrypt0r」「Wanna Decryptor」「WannaCry」「WCry」といった名称で呼ばれている。

Windows端末内のファイルを利用者の意図に反して暗号化。復旧することを交換条件に約300ドルをBitcoinで支払うよう要求する。

攻撃者は、メールなどを用いて感染を広げていると見られるが、従来のランサムウェアと異なり、拡散に「SMB v1」の脆弱性である「CVE-2017-0145」を悪用。

そのためメールやウェブサイトを閲覧しない端末であっても、脆弱性が存在すれば、同じネットワーク内のほかの感染端末経由で二次的に感染し、ファイルが暗号化されてしまうおそれがある。

(Security NEXT - 2017/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
ランサム対策機能を実装できるSDK - セキュアブレイン
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
身代金ではなく「裸の写真」を要求するランサムウェア
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
2017年上半期の国内ランサムウェア検出、前期から半減