Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インパクト大だが注目度は低い「CVE-2014-6324」 - 悪用コード流通で危険高まる

日本マイクロソフトが、11月に定例外更新「MS14-068」で修正した「CVE-2014-6324」の悪用コードが出回っている。ドメイン全体が乗っ取られる深刻な脆弱性であるとして、セキュリティ専門家が注意を呼びかけている。

「MS14-068」は、「Microsoft Windows Kerberos KDC」に含まれる「CVE-2014-6324」を修正する更新プログラム。当初、11月の月例パッチで修正される予定だったが直前に不具合が見つかり、19日に定例外の更新プログラムとして公開された。

「MS14-068」がリリースされた時点で、「Windows Server 2008 R2」に対するゼロデイ攻撃が確認されている。しかし、当時はあくまでも「CVE-2014-6324」は非公開で報告された脆弱性であり、攻撃も「限定的」とされていた。

しかし、公開から1カ月弱が経過し、その危険度が上昇している。その後、攻撃コードが公開され、容易に脆弱性を悪用できる状態へと段階が移行。同脆弱性が特に問題なのは、脆弱性を攻撃された場合の影響が大きいことだ。

(Security NEXT - 2014/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表