Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス

キヤノンマーケティングジャパンは、サイバー保険を付帯したUTMを提供する「HOME type-U2サイバー保険付き5年パック」を7月3日より提供開始する。

同ソリューションは、UTM「HOME-UNIT」に損保ジャパンのサイバー保険を付帯し、中小事業所向けネットワークセキュリティサービスとして提供するもの。マルウェア対策や、メールセキュリティ対策、ウェブフィルタリング、アプリケーション制御などの機能を利用できる。

付帯する保険では、ネットワークに起因したセキュリティ関連事故や情報漏洩によって生じた損害賠償、事故発生後の対応費用など、年間100万円を上限に補償する。また付帯サービスとして「緊急時サポート総合サービス」を用意。

対象期間は5年間で、料金は82万9440円。ただし、保険期間は1年ごとの更新となる。

(Security NEXT - 2017/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
ネット広告詐欺の損害を補償する保険
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯