Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システムから個人情報を取得、ストーカー行為で職員を免職 - 荒尾市

熊本県荒尾市は、住民情報システムを不正に利用して取得した情報をもとに、別の職員に対してストーカー行為を行ったとして、職員の懲戒処分を実施した。

同市によれば、同職員は日ごろより住民情報システムを不正に利用し、複数の同市職員の個人情報を取得。それら情報をもとに女性職員の行動を監視、記録するなどストーカー行為を行っていたという。

同市ではこれを受け、地方公務員法や同市規定に基づき、同職員に対して6月12日付けで免職とする懲戒処分を行った。

(Security NEXT - 2017/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元行員が大口預金者の個人情報を窃盗などの共犯者に漏洩か - 佐賀銀
申請書などを保管期間満了前に誤廃棄 - 港区
GMO-PG、役員3名を減俸処分 - 「不正アクセスはセキュリティマネジメント体制に起因」
市営住宅の家賃領収済み通知書を誤廃棄 - 下関市
患者情報を紛失、匿名による郵送で発覚 - 神戸中央病院
阪神淡路大震災関連の寄託書類を誤廃棄 - 三菱倉庫
中学校の廃棄HDD、ネットオークションで流通 - 美濃加茂市
「自動車重量税納付書」を保管期限前に誤廃棄 - 国交省
元従業員が顧客情報を持出、持ち込まれた業者の通報で発覚 - GMOメイクショップ
ASKA容疑者のドラレコ映像報道でタクシー会社が謝罪