Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システムから個人情報を取得、ストーカー行為で職員を免職 - 荒尾市

熊本県荒尾市は、住民情報システムを不正に利用して取得した情報をもとに、別の職員に対してストーカー行為を行ったとして、職員の懲戒処分を実施した。

同市によれば、同職員は日ごろより住民情報システムを不正に利用し、複数の同市職員の個人情報を取得。それら情報をもとに女性職員の行動を監視、記録するなどストーカー行為を行っていたという。

同市ではこれを受け、地方公務員法や同市規定に基づき、同職員に対して6月12日付けで免職とする懲戒処分を行った。

(Security NEXT - 2017/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市営住宅入居者情報、断り切れずコピー許す - 伊賀市
顧客リストを運搬中に紛失、一部未回収 - 大分瓦斯
児童名簿紛失を報告しなかった校長らに対し懲戒処分 - 千葉市
管理者パスワードを不正利用、人事資料閲覧で職員処分 - 八幡平市
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
修理工事の領収証控が所在不明、誤廃棄の可能性 - 東京ガス
統計調査の調査員証など紛失で戒告処分 - 市原市
個人情報を不正利用した職員を懲戒処分 - 佐賀東部水道企業団