Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システムから個人情報を取得、ストーカー行為で職員を免職 - 荒尾市

熊本県荒尾市は、住民情報システムを不正に利用して取得した情報をもとに、別の職員に対してストーカー行為を行ったとして、職員の懲戒処分を実施した。

同市によれば、同職員は日ごろより住民情報システムを不正に利用し、複数の同市職員の個人情報を取得。それら情報をもとに女性職員の行動を監視、記録するなどストーカー行為を行っていたという。

同市ではこれを受け、地方公務員法や同市規定に基づき、同職員に対して6月12日付けで免職とする懲戒処分を行った。

(Security NEXT - 2017/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

統計調査の調査員証など紛失で戒告処分 - 市原市
個人情報を不正利用した職員を懲戒処分 - 佐賀東部水道企業団
事故の被処分者に関する個人情報含む資料をメールで送信 - 東京都
無断で顧客情報を第三者へ提供、外部通報で発覚 - 日新火災
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ
職員が同窓会目的で個人情報照会システムを利用 - 前橋市
業務外で閲覧した個人情報を知人に提供、職員を処分 - 唐津市
個人情報の不正使用で職員を懲戒処分 - 富里市
取引情報4.1万件含むATM記録紙が段ボール箱ごと所在不明に - 豊和銀