Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法執行機関向けにクラウド活用したフォレンジックソリューション - フォーカスシステムズら

フォーカスシステムズは、証拠データのフォレンジック処理を行うソリューション「サイフォクラウド」を提供開始した。

同ソリューションは、サイバー犯罪などの捜査において証拠とされるデータを分析処理するためのフォレンジックソリューション。

「Microsoft Azure」を活用し、消去されたファイルの復元や、検索、分析におけるインデックス作成など、事前の下処理作業や、パスワード解析を並列分散処理で行うことが可能。両社の説明では、2月から3月にかけて実施した実証実験で、従来3日を要していた1Tバイトの下処理作業が、半日に短縮できたという。

同製品の展開にあたっては日本マイクロソフトと連携。全国の警察機関や法執行機関に向けてソリューションの展開を図るという。

(Security NEXT - 2017/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

警視庁とソースネクストがサイバー犯罪対応で協定
ImpervaのクラウドWAF利用者情報が流出 - APIキーや証明書なども
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
「Trend Micro CTF 2019」が開催 - オンライン予選は9月
マルウェア設定情報の抽出ツールを公開 - JPCERT/CC
MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス
2018年度下半期の標的型攻撃相談は258件 - メール以外で侵入されたケースも
規定改善や抑止策などブランド毀損対策を支援 - クニエ
カスペとインターポール、サイバー犯罪捜査の協定を再延長
無償調査ツールにメモリ検査機能 - ファイルレス攻撃の判定に対応