Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ivanti製VPN製品のゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 復旧時は再発防ぐ対応を

リモートアクセス製品「Ivanti Connect Secure(旧Pulse Connect Secure)」「Ivanti Policy Secure Gateway」にゼロデイ脆弱性が明らかとなった問題で、概念実証(PoC)が公開されたことがわかった。

同問題について同社は状況が刻々と変化していると説明。最新の情報を入手し、対策を講じるよう呼びかけている。現地時間1月18日にもアドバイザリを更新し、現状を説明するとともに、利用者へ注意を促した。

同社はタイムラインを示し、セキュリティアドバイザリをリリース後の翌11日より脆弱性に対する広範な侵害が開始されたと説明。活動が急激に増加しており、Volexityが観測した内容と一致しているとの見解を示した。

1月16日には第三者によって概念実証(PoC)が公開されたほか、1月17日よりあらたな「IoC(Indicators of Compromise)」情報が観測されているという。

こうした状況を受け、同社は利用者がまず実施すべき対応方法やフォレンジック調査に向けての注意点、侵害が確認された際の復旧方法、侵害状況を再発させないための対策などについて情報を提供している。

(Security NEXT - 2024/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アジア地域の若年層向けCTF大会「ACSC 2024」が3月下旬に開催
バックアッププラグイン「WPvivid」の旧版に深刻な脆弱性
2月修正のWindows脆弱性、北朝鮮グループがゼロデイ攻撃に悪用
案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害