Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害で情報流出のおそれ、調査を継続 - フュートレック

音声認識事業やCRMソリューション事業を提供するフュートレックは、ランサムウェアを用いたサイバー攻撃を受け、サーバ内よりデータが外部へ流出した可能性があることを明らかにした。対象となる情報は特定できておらず、引き続き調査を進める。

同社によると、3月9日に社内システムを侵害され、同月11日に障害が発生。事態を公表するとともに詳細を調べていた。

外部協力のもとフォレンジック調査を行ったところ、ランサムウェアを実行され、同社サーバ内のデータが外部に流出した可能性があることが判明した。対象データの内容については特定に至っていない。

障害発生後、遮断していた社内ネットワークについては、3月18日以降、安全を確認した環境より復旧しているが、完全復旧には時間を要するという。引き続きセキュリティ対策の強化や被害状況の調査を進めていく。

同社が顧客へ提供する本番環境の商用ネットワークに関しては、不正なアクセスは確認されていないとし、影響を否定している。

(Security NEXT - 2024/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社