Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害、本番環境への影響がないことを確認 - フュートレック

音声認識事業やCRMソリューション事業を提供するフュートレックは、ランサムウェアを用いたサイバー攻撃を受けた問題で、顧客へ提供している商用ネットワークに対して実施したフォレンジック調査の結果を報告した。

同社では、3月9日に社内システムを侵害され、同月11日に障害が発生。一部サーバがサイバー攻撃を受けてランサムウェアを実行され、内部データが外部に流出した可能性があることが判明。

流出したデータの内容は明らかとなっておらず、詳細について調査を進めていることを4月1日に公表している。

同日の発表で、顧客へ提供している本番環境の商用ネットワークについては、不正なアクセスを確認していないとしていたが、外部協力のもと追加でフォレンジック調査を実施。あらためて本番環境では侵入された形跡がないことを確認したという。

同社は、ネットワークサービスなど安全性を確認し、段階的に復旧を進めており、外部からのアクセスを限定した環境のもと業務を再開。引き続き完全な復旧を目指すとしている。

(Security NEXT - 2024/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール8件を「CC」送信、メアドが流出 - 焼津市
IvantiのMDM製品にSQLiなど複数脆弱性 - アップデートがリリース
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
実践的サイバー防御演習「CYDER」の開催日程が発表 - 受付も開始
6月に「Interop Tokyo 2024」開催 - テーマは「AI社会とインターネット」
小学校で1クラス分の家庭状況調査書が所在不明に - 大阪市
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加