Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック

東芝テックは、同社で利用するクラウドサービスが第三者により侵害され、メールを閲覧された痕跡が見つかったことを明らかにした。詳細を調べている。

同社によれば、3月20日に同社が利用しているクラウドサービスで不審な挙動を認知。調査を行ったところ、同社やグループ会社、取引先などの個人情報を含むメールが第三者に閲覧された可能性があることが判明した。

4月9日の時点で同社グループの従業員約900人分のメールが閲覧された痕跡を確認している。氏名、メールアドレス、会社名、部署名、役職名、メールやその他文書の内容などが含まれる。データがダウンロードされた痕跡は見つかっていない。メール以外のデータについても被害は確認されていないとしている。

同社では外部協力のもとフォレンジック調査を実施しており、影響の範囲や不正アクセスに至った原因など、詳細について調査を進めている。

侵入経路は特定し、対策を講じたとしているが、具体的な内容についてはセキュリティに関わるとしてコメントを避けた。

3月29日に個人情報保護委員会へ報告したほか、警察にも事情を説明。関係者に対してもメールで個別に連絡を取り、注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2024/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バッファロー製ルータでボット感染が増加 - 脆弱なパスワード設定に起因か
先週注目された記事(2024年5月19日〜2024年5月25日)
「MS Edge」もアップデート - 今月4度目のゼロデイ修正
積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット