Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年1Qのランサム検出、前四半期から半減 - ウェブ経由のあらたな感染活動も

その一方で、同社によればあらたな感染手法も確認されたという。緩やかに増加しているランサムウェア「Cerber」と「Spora」は、エクスプロイトキットやソーシャルエンジニアリングによって、ウェブ経由でランサムウェアをインストールさせようとしていた。

具体的には、攻撃サイトへアクセスしてきた利用者が使用しているブラウザを判別。脆弱性を攻撃したり、表示に必要なフォントがインストールされておらず、表示が乱れているなどと偽のメッセージを表示し、フォントに見せかけてランサムウェアをインストールさせようとする手口などが確認されている。

(Security NEXT - 2017/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

9月は「HTML/ScrInject」が前月比2.5倍に - 国内外で急増
2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連
2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
2019年上半期の標的型攻撃は2687件 - 圧縮ファイル悪用が急増
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ