Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年1Qのランサム検出、前四半期から半減 - ウェブ経由のあらたな感染活動も

その一方で、同社によればあらたな感染手法も確認されたという。緩やかに増加しているランサムウェア「Cerber」と「Spora」は、エクスプロイトキットやソーシャルエンジニアリングによって、ウェブ経由でランサムウェアをインストールさせようとしていた。

具体的には、攻撃サイトへアクセスしてきた利用者が使用しているブラウザを判別。脆弱性を攻撃したり、表示に必要なフォントがインストールされておらず、表示が乱れているなどと偽のメッセージを表示し、フォントに見せかけてランサムウェアをインストールさせようとする手口などが確認されている。

(Security NEXT - 2017/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少