Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年1Qのランサム検出、前四半期から半減 - ウェブ経由のあらたな感染活動も

2017年第1四半期の国内におけるランサムウェアの検出数は6300件で、前期の半分以下に減少したことがわかった。

20170530_tm_001.jpg
ランサムウェアの検出動向(グラフ:トレンドマイクロ)

トレンドマイクロが同社で把握した脅威動向を取りまとめたもの。

同四半期に国内でランサムウェアが検出された端末は、個人が4500件、法人が1800件、あわせて6300件だった。

前四半期の1万4600件から半分以下に縮小している。

2016年第3四半期の3万4200件をピークに2期連続で減少した。ただし、年間検出台数が6700件だった2015年と比較すると、四半期でほぼ1年分のランサムウェアが検出されたことになる。

同四半期に検出台数が減少した背景には、メールによる拡散が縮小しており、なかでもメールをおもな拡散経路としてきたランサムウェア「Locky」の検出が、前四半期比57%減となった。月別に見ても、1504件だった1月から、3月には533件と約3分の1ほどへ減少している。

(Security NEXT - 2017/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
2019年上半期の標的型攻撃は2687件 - 圧縮ファイル悪用が急増
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強