Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年1Qのランサム検出、前四半期から半減 - ウェブ経由のあらたな感染活動も

2017年第1四半期の国内におけるランサムウェアの検出数は6300件で、前期の半分以下に減少したことがわかった。

20170530_tm_001.jpg
ランサムウェアの検出動向(グラフ:トレンドマイクロ)

トレンドマイクロが同社で把握した脅威動向を取りまとめたもの。

同四半期に国内でランサムウェアが検出された端末は、個人が4500件、法人が1800件、あわせて6300件だった。

前四半期の1万4600件から半分以下に縮小している。

2016年第3四半期の3万4200件をピークに2期連続で減少した。ただし、年間検出台数が6700件だった2015年と比較すると、四半期でほぼ1年分のランサムウェアが検出されたことになる。

同四半期に検出台数が減少した背景には、メールによる拡散が縮小しており、なかでもメールをおもな拡散経路としてきたランサムウェア「Locky」の検出が、前四半期比57%減となった。月別に見ても、1504件だった1月から、3月には533件と約3分の1ほどへ減少している。

(Security NEXT - 2017/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き