Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

空自スクリーンセーバーのインストーラに脆弱性 - 使用せずに削除を

航空自衛隊が提供していた8種類のスクリーンセーバーのインストーラに脆弱性が含まれていることが判明した。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、インストーラーの起動時に意図しないファイルを読み込み、コードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2017-2176」が判明したもの。

セキュリティ機関や自衛隊では、インストーラの配布は終了しており、これまでに配布されたインストーラーは使用せずに削除するよう注意を呼びかけている。なお、すでにインストール済みのスクリーンセーバー本体は今回の脆弱性について影響を受けない。

同ソフトに限らず、旧版のインストーラ作製ソフトなどを利用した際に脆弱性を作り込んでしまうケースが多数判明しており、JVNでは広く注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
「Microsoft Windows Codecs Library」に複数脆弱性 - 定例外で更新
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
「Apache Tomcat」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「VMware ESXi」など複数製品に深刻な脆弱性 - アップデートを
「Magento」に脆弱性 - 「1系」まもなくEOL、最後の更新
RPCフレームワーク「Apache Dubbo」にRCE脆弱性