Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」騒ぎの裏で情報窃取マルウェアがメールで大量拡散 - 半数は「駐禁報告書」偽装

5月12日以降、感染拡大の懸念からランサムウェア「WannaCrypt」の動向に関心が集まったが、その一方でバンキングマルウェアが活発な活動を展開していたという。

トレンドマイクロによれば、今週に入り、いわゆる「不正送金マルウェア」へ感染させることを狙ったメールが大量に流通。5月14日から5月18日15時までの約5日間に、同社が検知しただけでも43万3000件に上ったという。

こうしたメールは、ソーシャルエンジニアリングを行っており、受信者をだますために「保安検査」「請求書」「御礼」「支払条件確認書」「予約完了メール」など、さまざまな内容を偽装。なかでも目立ったのが、「駐禁報告書」を装う手口で、21万4000件と約半数を占めた。

20170519_tm_001.jpg

マルウェア感染メールに用いられた件名の割合(グラフ:トレンドマイクロ)

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
メールで複数従業員がマルウェア感染、サーバより秘密鍵が盗難 - コインチェック
2017年4Qの不正送金被害は1.7億円 - 法人で被害額が増加傾向
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
コインチェック、業務改善報告書を金融庁へ提出
金融庁、コインチェックに業務改善命令 - 顧客対応や原因調査が不十分
「Coincheck」で約580億円分の仮想通貨が不正送金 - 自己資金で補償する方針
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意