Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

交流会案内メール誤送信でメアド流出 - CBコンサル

医療や介護分野向けの人材採用支援サービスなどを手がけるCBコンサルティングは、学生と企業の交流会案内メールで誤送信が発生し、メールアドレスが流出したことを公表した。

同社によれば、5月16日に送信した薬学生と企業の交流会案内メールにおいて、送信ミスが発生したもの。担当者が送信先のメールアドレス32件を誤って宛先に設定したため。受信者間でメールアドレスを閲覧できる状態となった。

同日中に対象者にメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼。翌17日にあらためて電話で謝罪するなどの対応を進めている。

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
職員採用内定者のメアドが流出 - 横浜市立大
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター
新薬の安全性定期報告書が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
レターパックで送付した妊婦や乳児の健康診断受診票が所在不明
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院