Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

交流会案内メール誤送信でメアド流出 - CBコンサル

医療や介護分野向けの人材採用支援サービスなどを手がけるCBコンサルティングは、学生と企業の交流会案内メールで誤送信が発生し、メールアドレスが流出したことを公表した。

同社によれば、5月16日に送信した薬学生と企業の交流会案内メールにおいて、送信ミスが発生したもの。担当者が送信先のメールアドレス32件を誤って宛先に設定したため。受信者間でメールアドレスを閲覧できる状態となった。

同日中に対象者にメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼。翌17日にあらためて電話で謝罪するなどの対応を進めている。

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
新型コロ関係事業の案内メールで誤送信 - 大阪府
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円
委託先でメール送信ミス、医療機関や薬局のメアド流出 - 大阪府
薬局ファックス番号を誤掲載、処方箋の誤送信が発生 - 大阪府
就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県
愛知県、新型コロナ患者の非公開情報を誤掲載 - 氏名や入院医療機関など
県立大で学生の個人情報をメールで誤送信 - 香川県