Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

駅ホームで書類を落として飛散、一部未回収 - 北海道

北海道は、個人情報が記載された一部書類が強風によって飛散し、一部紛失したことを明らかにした。

道によれば、1月23日にJR千歳線の平和駅ホームで文書8枚が飛散したもの。このうち5枚には入院患者4人の氏名、年齢、診断名などが記載されていた。

障がい者保健福祉課の職員が電車を待っていた際、出張先への到着が遅れそうだったため、文書で連絡先を確認しようとしたところ誤って落とし、強風にさらわれたという。

同駅は貨物ターミナルが近く、通過する列車も多いこともあり、駅と所属部門に連絡を取った上で周囲の探索を実施。個人情報が記載された1枚を含む2枚を回収した。

その後も探索を続けているが、同駅はかなり敷地が広く、降雪や凍結なども発生している状況にあり、その後も発見されておらず、2月2日の時点で6枚が未回収のままとなっている。

道では、対象となる医療機関と患者に対し謝罪を行った。個人情報が不正に利用されたといった連絡などは受けていないとしている。

(Security NEXT - 2024/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院