Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、中小企業向けにエンドポイント製品の導入支援サービス

カスペルスキーは、中小企業向けエンドポイントセキュリティ対策製品の導入を支援するサービスを提供開始した。

同サービスは、エンドポイントセキュリティ対策製品である「Kaspersky Endpoint Security for Business」の導入を支援する中小企業向けサービス。

製品の導入やポリシーの設定を代行するほか、製品の基本機能と運用方法を説明する。サービスの対象は、「Windows」および「Mac OS」のクライアント端末と「Windows Server」。

料金は、管理サーバ1台とクライアントおよびサーバ端末10台のインストールと設定作業が含まれる標準作業パッケージで21万6000円。クライアントとサーバ端末の追加料金は、1台5400円。

(Security NEXT - 2017/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Linux向けセキュリティ対策製品に新版 - ブート領域やメモリ上のマルウェア検知が可能に
NTT-ATとdit、サイバーセキュリティ分野で協業
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供
サイバネット、米Carbon Blackのエンドポイント製品を取扱開始
「FFRI yarai」に新版 - ファイルレスマルウェア対策を強化
レノボ、OPSWATとサーバを組み合わせたソリューション
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
カスペ、Windows用セキュリティ製品に新版 - サーバでもアプリ実行制御が可能に
パロアルトの「Traps」、MacとAndroidに対応 - Officeファイルの不正マクロ対策も
カスペルスキー、ITインフラ全体の情報から攻撃を検知するソリューション