Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、中小企業向けにエンドポイント製品の導入支援サービス

カスペルスキーは、中小企業向けエンドポイントセキュリティ対策製品の導入を支援するサービスを提供開始した。

同サービスは、エンドポイントセキュリティ対策製品である「Kaspersky Endpoint Security for Business」の導入を支援する中小企業向けサービス。

製品の導入やポリシーの設定を代行するほか、製品の基本機能と運用方法を説明する。サービスの対象は、「Windows」および「Mac OS」のクライアント端末と「Windows Server」。

料金は、管理サーバ1台とクライアントおよびサーバ端末10台のインストールと設定作業が含まれる標準作業パッケージで21万6000円。クライアントとサーバ端末の追加料金は、1台5400円。

(Security NEXT - 2017/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供
ファイア・アイ、アカデミックパッケージを刷新 - 全製品を対象に
「FFRI yarai」に新版 - マルチテナント対応の管理コンソールを追加