Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力ら、産学でセキュリティ分野を共同研究

中部電力、慶應義塾大学、日立製作所は、サイバーセキュリティ分野において共同研究を開始する。研究期間は2018年3月まで。

サイバーセキュリティにおける連携手法の確立と検知能力の向上を目的に産学で連携し、共同研究を進めるもの。早期の情報共有を可能にするサイバー攻撃情報のパターン化技術や、情報共有時の情報漏洩対策技術、組織間でサイバー攻撃検知能力を相互バックアップするしくみなどについて研究を行う。

中部電力では、重要インフラ事業者としてIT系や制御システム系のセキュリティオペレーションについてノウハウやデータを提供。また慶應大学は研究の場を提供するほか、日立はセキュリティ分野における技術を提供する。

(Security NEXT - 2017/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「データ破壊」狙うイランのサイバー攻撃が増加 - 米政府声明
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
クラウドセキュリティに活用できるOSSを紹介した資料 - CSAジャパン
重要インフラセキュリティに関するNIST文書に翻訳版 - IPAが公開
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催