Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力ら、産学でセキュリティ分野を共同研究

中部電力、慶應義塾大学、日立製作所は、サイバーセキュリティ分野において共同研究を開始する。研究期間は2018年3月まで。

サイバーセキュリティにおける連携手法の確立と検知能力の向上を目的に産学で連携し、共同研究を進めるもの。早期の情報共有を可能にするサイバー攻撃情報のパターン化技術や、情報共有時の情報漏洩対策技術、組織間でサイバー攻撃検知能力を相互バックアップするしくみなどについて研究を行う。

中部電力では、重要インフラ事業者としてIT系や制御システム系のセキュリティオペレーションについてノウハウやデータを提供。また慶應大学は研究の場を提供するほか、日立はセキュリティ分野における技術を提供する。

(Security NEXT - 2017/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催
ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
デンソーとNRIセキュア、自動車向けセキュリティ対策で合弁会社
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
毎月100件超のウェブ改ざん、委託状況含めてチェックを
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず