Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力ら、産学でセキュリティ分野を共同研究

中部電力、慶應義塾大学、日立製作所は、サイバーセキュリティ分野において共同研究を開始する。研究期間は2018年3月まで。

サイバーセキュリティにおける連携手法の確立と検知能力の向上を目的に産学で連携し、共同研究を進めるもの。早期の情報共有を可能にするサイバー攻撃情報のパターン化技術や、情報共有時の情報漏洩対策技術、組織間でサイバー攻撃検知能力を相互バックアップするしくみなどについて研究を行う。

中部電力では、重要インフラ事業者としてIT系や制御システム系のセキュリティオペレーションについてノウハウやデータを提供。また慶應大学は研究の場を提供するほか、日立はセキュリティ分野における技術を提供する。

(Security NEXT - 2017/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
政府、重要インフラの安全基準策定指針を改訂 - 特に考慮すべき対策項目など
政府、重要インフラの安全基準に関する指針改訂でパブコメ実施
JASA、ISMS運用組織向けにガイドライン - 初期被害対処など盛り込む
JSSEC、IoT導入企業向けのセキュリティチェックシートを公開