Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」にリモートからの攻撃可能な脆弱性 - 異常終了のおそれ

「BIND 9」において、サービスが停止するおそれがある脆弱性が含まれていることが明らかになった。リモートより攻撃が可能であり、関連機関では、アップデートなど対策を講じるよう注意を呼びかけている。

20170413_is_001.jpg
重要度「高」の「CVE-2017-3137」(画像:ISC)

DNS応答の処理など、あわせて3件の脆弱性が含まれていることが判明したもの。

脆弱性の重要度が「高(High)」とされる「CVE-2017-3137」は、リモートより攻撃が可能な脆弱性。

「CNAME」や「DNAME」レコードの応答処理に問題があると異常終了するおそれがあるという。

また重要度が「中(Medium)」と1段階低いが、DNS64と特定オプションを有効化した場合に影響を受ける「CVE-2017-3136」や、制御チャンネルにおける入力処理に関連する脆弱性「CVE-2017-3138」についても明らかになっている。

ISCでは、これら脆弱性を解消した「同9.11.0-P5」「同9.10.4-P8」「同9.9.9-P8」をリリース。日本レジストリサービス(JPRS)をはじめ、関連機関では、アップデートを利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Docker」の既知脆弱性にPoC - 影響大きく更新状態の確認を
Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
フルリゾルバ「Unbound」に任意のコードを実行されるおそれ
「Chrome 78.0.3904.108」が公開 - セキュリティ関連で修正5件
マカフィーのコンシューマー製品に脆弱性 - アップデートがリリース
システム制御製品「CX-Supervisor」の同梱「TeamViewer」に脆弱性
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
三菱製シーケンサのCPUユニットにDoS脆弱性