Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内IoT向けITサービス市場への支出額、2021年は6670億円に - 平均成長率64.8%

2016年に国内IoT分野向けに提供されているITサービス市場に対する支出額は、前年比96.9%増の548億円だった。2021年まで年平均64.8%で成長し、2021年には6670億円が見込まれている。

20170411_id_001.jpg
国内IoT向けITサービス市場の支出額予測(グラフ:IDC Japan)

IDC Japanが、IoT向けのシステムインテグレーションやカスタムソフトウェア開発、コンサルティングを「IoT向けプロジェクトベース」、ITインフラやアプリケーションの運用などの「テクノロジーアウトソーシング」、ハードウェアやソフトウェアの保守、IT教育などを「サポート&トレーニング」とし、これらを「IoT向けITサービス市場」と定義。国内における同市場の動向を分析した。

同市場の2016年における支出額は、前年比96.9%増となる548億円。同社は2016年から2021年の年間平均成長率を64.8%と予測しており、2021年の支出額は6670億円へ膨らむとの見方を示した。

2016年時点で中心となるのはIoT導入支援を行うプロジェクトベースのサービスで、産業分野別では製造業や公共分野における支出額が多いという。

今後は実証実験の段階だった案件が本格的に開発、構築へ進み、さらに基幹系ITシステムとの連携の拡大、製造業以外の産業分野におけるビジネス創出にともなうサービスの需要が拡大するとしており、高い成長率が予想されるという。

2020年以降の後半は、製品や設備をサービスとして提供するなど、IoTを活用した業務サービス自体を提供するモデルが大幅に増加すると分析。業務サービスやそれにともなう支援サービスが、市場の成長を牽引していくと同社では見ている。

(Security NEXT - 2017/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
BlackBerry、14億米ドルでCylanceを買収 - エンドポイントや車載向け製品などを強化
国内特権ID管理製品市場、前年度比10%増
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル