Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MUFGカード」の利用者から個人情報だまし取る偽サイト - 類似攻撃にも注意を

「MUFGカード」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生しているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

20170410_mu_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

「MUFG CARD WEBサービス ご登録確認」といった件名で送信されていたフィッシングメールは、「第三者によるアクセスを確認し、登録IDを暫定的に変更した」などと利用者の不安を煽る内容で、リンクより偽サイトへ誘導。

誘導先のフィッシングサイトでは、アカウント情報やクレジットカード情報をはじめ、氏名や生年月日、電話番号、メールアドレスなどの個人情報をだまし取る。また同ページは、実在する正規の利用者登録ページのデザインを盗用していた。

同協議会では、4月10日の時点でフィッシングサイトの稼働を確認しており、JPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃も含めて注意するよう呼びかけるとともに、フィッシング攻撃を見かけた場合は情報を提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6億円当選かたり、個人情報詐取するフィッシング - プレゼント付預金の人気に便乗か
SMSで訴訟ちらつかせる偽アマゾン - プリカ番号やコンビニ払いを要求
「アカウント閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 個人情報やクレカ情報を詐取
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取