Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年末に通販サイトでクレカの不正取引を多数検知 - ラシェール化粧品

ラシェール化粧品は、オンラインショップにおいてクレジットカードの不正利用が疑われる取り引きを多数検知したとして、クレジットカード決済を一時的に制限した。

同社によれば、オンラインショップにおいて、2023年12月28日よりクレジットカードの不正利用が疑われる取り引きを多数検知しているという。

被害拡大防止のため、しばらくの間クレジットカード決済による支払いを制限する措置を講じた。復旧時期は未定。

また同問題を受け、2023年12月28日から2024年1月15日にかけて、クレジットカード決済を利用した顧客について、決済の取り消しを行った。銀行振込による支払いを利用者に求めている。

同社では、同社から身に覚えのない請求があった場合、利用しているカード会社へ問い合わせし、カード停止および再発行の手続きをして、警察へ連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー