Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公取委の審決DBサーバに不正アクセス - スパムの踏み台に

公正取引委員会が提供する「審決等データベース」のサーバが、スパムメールを送信するための踏み台として悪用されていたことが判明した。サーバを停止し、くわしい原因を調べている。

20170410_jf_001.jpg
踏み台被害を公表した公取委のウェブサイト

同データベースは、独占禁止法に基づいた審決や排除措置命令などの公開データを提供するサービス。外部の事業者が公取委より受託を受けて同データベースを運用、管理している。

4月3日にデータベースを運用するサーバの不具合を確認。調査を行ったところ、海外に対するメールの送信に悪用されていることが同月6日に判明したという。現在、サーバを停止し、詳しい原因などを調べている。

公取委では、セキュリティ対策を実施した上でデータベースの提供を再開したい考え。また同サーバには、公開情報以外は保存されておらず、機密情報の流出については否定。公取委のウェブサイトについても、別の環境で運用しており影響はないとしている。

(Security NEXT - 2017/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
2月はDDoS攻撃が急増、前月の25倍に - 「memcached」が影響