Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JASA、情報処理安全確保支援士向けに資格コース - 監査人補を取得しやすく

日本セキュリティ監査協会(JASA)は、セキュリティ監査の需要が高まっていることから「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」を対象に、公認情報セキュリティ監査人の資格コースをあらたに設置する。

同協会の認定研修実施機関の研修を修了した情報処理安全確保支援士に対し、情報セキュリティ監査人補の資格を付与するもの。

通常、監査人補となるためには2日間の研修および3日間のトレーニングを受ける必要があるが、情報処理安全確保支援士の登録者であれば、研修とトレーニングを1日で実施し、修了すれば監査人補の資格を取得できるという。

監査人補は、実務経験を積み、知識を得た場合や、今後予定している講習を終了することで「公認情報セキュリティ監査人」となることが可能。

(Security NEXT - 2017/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンド、サーバ向け製品の新版 - コンテナ間の攻撃検知に対応
Interopの「ShowNet」、2019年は80社2000製品で構成
「偽楽天」からフィッシングメールに注意 - 不正ログインされたと不安煽る
GDPRの認知度は85.5% - 「対策済み」半数届かず
2018年度の個人情報漏洩は4380件、8割は誤送信や紛失
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件
高校生徒の個人情報含む記録簿を紛失 - 大阪府
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
6月のMS月例パッチが公開 - 脆弱性88件を修正