Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JASA、情報処理安全確保支援士向けに資格コース - 監査人補を取得しやすく

日本セキュリティ監査協会(JASA)は、セキュリティ監査の需要が高まっていることから「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」を対象に、公認情報セキュリティ監査人の資格コースをあらたに設置する。

同協会の認定研修実施機関の研修を修了した情報処理安全確保支援士に対し、情報セキュリティ監査人補の資格を付与するもの。

通常、監査人補となるためには2日間の研修および3日間のトレーニングを受ける必要があるが、情報処理安全確保支援士の登録者であれば、研修とトレーニングを1日で実施し、修了すれば監査人補の資格を取得できるという。

監査人補は、実務経験を積み、知識を得た場合や、今後予定している講習を終了することで「公認情報セキュリティ監査人」となることが可能。

(Security NEXT - 2017/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
ソフトバンク携帯電話、4時間半にわたり障害 - 原因は証明書の期限切れ
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
PHPがセキュリティアップデート - 5.6系と7.0系がサポート終了へ
「割引」で誘引、ふるさと納税の偽サイトに注意 - 公式サイトよりデータ盗用
Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開