Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JASA、情報処理安全確保支援士向けに資格コース - 監査人補を取得しやすく

日本セキュリティ監査協会(JASA)は、セキュリティ監査の需要が高まっていることから「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」を対象に、公認情報セキュリティ監査人の資格コースをあらたに設置する。

同協会の認定研修実施機関の研修を修了した情報処理安全確保支援士に対し、情報セキュリティ監査人補の資格を付与するもの。

通常、監査人補となるためには2日間の研修および3日間のトレーニングを受ける必要があるが、情報処理安全確保支援士の登録者であれば、研修とトレーニングを1日で実施し、修了すれば監査人補の資格を取得できるという。

監査人補は、実務経験を積み、知識を得た場合や、今後予定している講習を終了することで「公認情報セキュリティ監査人」となることが可能。

(Security NEXT - 2017/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
NEC製ルータやネットワークカメラに複数脆弱性 - 悪用には管理者権限必要
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了 - 「Windows 7」環境などに影響