Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年の不正アクセス認知件数は1840件、前年比211件減 - 検挙数は増加

検挙件数を手口別に見ると、他人のパスワードを使って不正にアクセスする「識別符号窃用型」が457件と突出。そのうち「パスワード設定、管理の甘さにつけ込んだもの」が244件で53.4%にのぼる。

「パスワードを知っている元従業員や知人によるもの(13.3%)」「利用者からパスワードを聞き出した、またはのぞき見したもの(10.7%)」が続いた。

さらに「マルウェアを使用して入手したもの(7.4%)」「他人から入手したもの(4.4%)」のほか、インターネット上へ流出していた情報を用いたり、フィッシングサイトで入手したケースでも検挙者が出ている。

20170330_np_004.jpg
識別符号の窃用による不正アクセスの手口(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2017/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
2018年度の個人情報漏洩は4380件、8割は誤送信や紛失
2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報