Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ユニシス、撮影映像を記録しない映像解析サービス

日本ユニシスは、カメラで撮影した映像を解析し、人の属性情報や動線などを取得する「人流解析サービス」を提供開始した。

同サービスは、カメラに設置した小型コンピュータ上で、撮影された人物の顔を認識。性別や年齢などの属性情報のほか、人数、滞留の検知をクラウド上で可視化するもの。

カメラで撮影した映像を解析し、個人を特定できないデータのみクラウドに送信。ネットワーク帯域が狭い場合も稼動が可能で、解析後の映像データは保存せず破棄することで、個人情報漏洩のリスクを低減しているという。

同社では、同サービスおよび関連サービスで、4年間で300ユーザー、10億円の売り上げを目指すとしている。

(Security NEXT - 2017/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
機械学習の顔認識を防止する画像加工サービス
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
オンライン本人確認事業で合弁会社検討 - セブン銀とISID
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI