Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid

Liquidは、「eKYC」時の顔データを用いて本人認証を行う新サービス「LIQUID Auth」を、2022年1月より提供開始する。

同サービスは、「LIQUID eKYC」と連携し、「eKYC」において本人確認書類との一致が確認された顔データと、取引時にスマートフォン端末などであらたに撮影した利用者の顔データを照合することで、本人認証を行うソリューション。

オンライン取引やATM、オンライン試験のほか、従業員管理、イベント会場の入退場や場内決済など、非対面による当人認証が必要となる場面での利用を想定しているという。

同ソリューションでは、スマホ端末の所持を確認することで認証する「端末認証」や「FIDO認証」もあわせて提供。端末登録時などに顔データによる認証を行うなど、場面に応じて使いわけることでセキュリティ強度の向上を図れるとしている。

(Security NEXT - 2021/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
保育所利用者の配布書類裏面に別人の個人情報、割込印刷後に誤操作 - 船橋市
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県