Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid

Liquidは、「eKYC」時の顔データを用いて本人認証を行う新サービス「LIQUID Auth」を、2022年1月より提供開始する。

同サービスは、「LIQUID eKYC」と連携し、「eKYC」において本人確認書類との一致が確認された顔データと、取引時にスマートフォン端末などであらたに撮影した利用者の顔データを照合することで、本人認証を行うソリューション。

オンライン取引やATM、オンライン試験のほか、従業員管理、イベント会場の入退場や場内決済など、非対面による当人認証が必要となる場面での利用を想定しているという。

同ソリューションでは、スマホ端末の所持を確認することで認証する「端末認証」や「FIDO認証」もあわせて提供。端末登録時などに顔データによる認証を行うなど、場面に応じて使いわけることでセキュリティ強度の向上を図れるとしている。

(Security NEXT - 2021/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性