Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - アップデートで修正

「Apache Tomcat」において、一部環境で通信内容が漏洩するおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

一部環境において、同一接続時に複数のリクエストの間で情報が漏洩したり、リバースプロキシを使用するサーバ環境で情報が漏洩する脆弱性「CVE-2016-8747」が含まれていることが判明したという。重要度は「中(Moderate:)」。

脆弱性は、ソースコードをリファクタリングした際に生じたもので、「同9.0.0.M15」から「同9.0.0.M11」 までと、「同8.5.9」から「同8.5.7」までが影響を受けるという。

開発チームでは、脆弱性を解消した「同9.0.0.M17」「同8.5.11」をリリースしている。

(Security NEXT - 2017/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Struts 2」の脆弱性で複数VMware製品向けに修正プログラム - 一部保留も
「Apache Struts 2」の脆弱性、一部代替パーサーでも攻撃が成立
不正送金対策ソフトのインストーラに脆弱性 - 最新版で修正
「Apache Struts 2」にあらたな問題が判明 - 「Content-Type」以外のHTTPヘッダでも攻撃可能
「Apache Struts 2」に脆弱性の影響を緩和するプラグイン - 更新できない利用者向けに公開
ファイル共有ソリューション「Commvault Edge」に脆弱性
「Apache Struts 2」狙う攻撃が増加傾向 - 3月14日には2000件超を記録
「Windows Vista」のサポート終了まで1カ月切る - 「Exchange Server 2007」なども
4月に「Windows Vista」がEOL - 「Windows 7」終了まであと3年
ニッポン放送に不正アクセス、顧客情報5.7万件が漏洩のおそれ - 原因は「Struts 2」脆弱性