Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「プロダクトキーが不正コピー」と不安煽るフィッシングが再び

マイクロソフトを装い、Officeのプロダクトキーが不正にコピーされていると利用者の不安を煽り、偽サイトで個人情報やクレジットカードをだましとるフィッシング攻撃が再度発生している。

20170317_ap_002.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

「プロダクトキーが不正コピーされている」などとだまし、検証作業などと称してフィッシングサイトへ誘導するマイクロソフトを偽装したフィッシング攻撃は、1月に攻撃が確認されて以来、断続的に発生している

Officeが使えなくなるように見せかけ、不安を煽るのが特徴で、誘導先の偽サイトでは、アカウント情報やPINコードのほか、ページの遷移を経てさらに住所や電話番号、クレジットカード情報などをだまし取ろうとする。

あらたに偽サイトのURL2件が確認され、3月17日の時点で稼働中であることから、フィッシング対策協議会が注意喚起を実施しており、類似した攻撃を確認した場合は情報を提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「パスワード変更完了」偽通知メールに注意 - 「ウェブマネー」装うフィッシングが発生
セゾンを装うフィッシング、日時入りの件名で緊急感を演出か
2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化
LINE装う時間指定フィッシングが再発 - 「毎日9時から20時まで」
クレカ情報狙う「偽Google Play」 - 「お支払方法登録のお願い」などとSMSで誘導
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
パロアルト、「PAN-OS 8.0」をリリース - サンドボックス回避攻撃へ対策
Bitdefender、家庭用IoT機器を保護するBOX型アプライアンス
フィッシング攻撃の報告件数が4カ月連続で増加
偽マイクロソフトからのメールに注意 - 「プロダクトキーが不正コピー」と不安煽る