Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「プロダクトキーが不正コピー」と不安煽るフィッシングが再び

マイクロソフトを装い、Officeのプロダクトキーが不正にコピーされていると利用者の不安を煽り、偽サイトで個人情報やクレジットカードをだましとるフィッシング攻撃が再度発生している。

20170317_ap_002.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

「プロダクトキーが不正コピーされている」などとだまし、検証作業などと称してフィッシングサイトへ誘導するマイクロソフトを偽装したフィッシング攻撃は、1月に攻撃が確認されて以来、断続的に発生している

Officeが使えなくなるように見せかけ、不安を煽るのが特徴で、誘導先の偽サイトでは、アカウント情報やPINコードのほか、ページの遷移を経てさらに住所や電話番号、クレジットカード情報などをだまし取ろうとする。

あらたに偽サイトのURL2件が確認され、3月17日の時点で稼働中であることから、フィッシング対策協議会が注意喚起を実施しており、類似した攻撃を確認した場合は情報を提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意