Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS装い「Office利用できなくなる」と不安煽るフィッシングに注意

マイクロソフトを装い、プロダクトキーの不正コピーにより「Office」が利用できなくなるなどと不安を煽り、情報を詐取するフィッシング攻撃が発生している。同社やフィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

20170112_ms_001.jpg
フィッシングメールの本文(画像:フィッシング対策協議会)

問題のフィッシング攻撃は、日本マイクロソフトを装い、「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています」といった件名でメールを送信。同社によれば、こうしたメールは1月11日深夜より出回っているという。

メールの本文では、「プロダクトキーが違法コピーされた可能性を発見した」などと説明。検証作業などと称して本文のリンクより偽サイトへアクセスを促す内容で、検証作業を行わないとプロダクトキーの権利が終了するなどと不安を煽っていた。

誘導先の偽サイトでは、アカウント情報やクレジットカード情報をはじめ、個人情報をだまし取られるおそれがある。日本マイクロソフトでは、こうした内容のメールを送信することはないとし、本文に記載されたリンクへアクセスしたり、フィッシングサイトへ情報を入力しないよう注意を呼びかけている。

また同月12日の時点で稼働が確認されており、フィッシング対策協議会では、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃を発見した場合は、同協議会まで連絡してほしいとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2017/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK
各務原市の音楽フェスサイトが改ざん被害 - 不正サイトに誘導