Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ふるさと納税のマイナンバーを異なる自治体へ誤送付 - 都城市

宮崎県都城市は、ふるさと納税を行った寄付者のマイナンバーを含む個人情報を、関係ない自治体へ誤って送付していたことを公表した。

同市によれば、ふるさと納税を行い、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)」を提出した89人のマイナンバー含む個人情報を、関係ない自治体へ誤って送付したもの。

寄付を受けた自治体は、寄付者の居住地ごとに申請書を取りまとめ、「寄附金税額控除に係る申告特例通知書」を作成して寄付者居住地の自治体へ送付するが、送付先の自治体を抽出する作業に問題があり、誤送付が発生した。

郵便番号と住所が一致しておらず、郵便番号から抽出した誤った自治体へ通知書を送付してしまったケースが25件発生。また郵便番号と住所は一致していたものの、同一の郵便番号が同じ市内の異なる区に存在し、正しい区と誤った区の両方に通知書を送付したケースが64件あった。

同市では、対象となる寄付者へ電話や書面により謝罪。また誤って通知書を送付した自治体には、説明の書面を送付するなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2017/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
報酬支払時に提出受けた書類を紛失、マイナンバーを記載 - 千葉県
FX取引サービスのM2Jに不正アクセス、顧客情報流出か - ログインPW流出は否定
委託先がマイナンバー記載の書類を紛失、誤廃棄か - 大阪市
データ登録ミスでマイナンバー含む個人情報を漏洩 - 野々市市
マイナンバー含む税額決定書の誤送付が2件発生 - 川口市
マイナンバー含む税額決定通知書を誤送付 - 大網白里市
マイナンバー含む税額決定通知書の誤送付が判明 - 千葉市
事務処理ミスでマイナンバー含む税額決定書を誤送付 - 小林市