Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性の発見に役立つ「ファジング活用の手引き」を更新

情報処理推進機構(IPA)は、従来より提供している「ファジング活用の手引き」を更新した。

ファジングは、ソフトウェアへ問題を起こす可能性があるさまざまなデータを入力し、脆弱性を発見するための技術手法。同技術を活用するための参考資料として、同機構では「ファジング活用の手引き」や「ファジング実践資料」などを公開している。

今回、同手引きの付録に含まれる「ファジングツールの紹介」を更新したほか、文中の記載について最新情報に修正した。最新版は同機構のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2017/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処
「Citrix ADC」へのゼロデイ攻撃、国内でも11日より観測
ペット用品通販サイトでクレカ情報流出 - 決済停止後にも被害
WordPressサイトの管理プラグインなどに深刻な脆弱性
バイク用品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
パナと東京建物、ビルシステムへの攻撃検知で実証実験
「VMware Tools」の一部バージョンに権限昇格の脆弱性
「Citrix ADC」狙う悪用コード出回る - ゼロデイ攻撃に注意
MS、2020年最初の月例パッチを公開 - 脆弱性49件を修正