Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、ASEAN6カ国を対象としたサイバー攻撃防御演習を実施

NECは、ASEAN6カ国の職員を対象とした研修「サイバー攻撃防御演習」を国内で実施する。

同研修は、国際協力機構(JICA)からの委託を受け、カンボジア、インドネシア、ラオス、ミャンマー、フィリピン、ベトナムのASEAN6カ国の職員を対象に実施するもの。

標的型攻撃の早期発見や検知、対処に必要な能力の向上を目的として、総務省が実施している実践的サイバー防御演習(CYDER)と同様の演習を行うことでセキュリティ人材の育成を目指す。

セキュリティの基礎知識やサイバー攻撃の対処方法、最新の脅威情報について学ぶ講義と、インシデントハンドリングなどを学ぶ実践的な防御演習で構成されている。また、情報通信研究機構(NICT)や北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)の見学プログラムも提供する。

同研修は日本で3年間実施する。1年目となる2017年は、2月20日から3月3日まで実施する予定。

(Security NEXT - 2017/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度のセキュリティ関連予算概算要求額は727.5億円
日立、重要インフラ事業者向けにサイバー攻撃対応の訓練サービス - イスラエルCyberGymと提携
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設
政府、組織向けに標的型攻撃対策の解説資料 - 「人、組織対策」と「技術的対策」を解説
政府「サイバーセキュリティ2017案」で意見募集 - セキュリティ重視の経営を促進
IPA、制御システム保有組織の橋渡し人材向けに短期演習プログラム
NICT、セキュリティ技術を生み出せる技術者を育成 - U-25向けに「SecHack365」を始動
IPA、産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始 - 模擬プラント演習なども
47都道府県で演習「CYDER」実施 - 自治体職員が標的型攻撃の検知から回復まで体験