Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ランサムウェア」被害に身代金払う、25人に1人

データを人質に取られた場合、身代金を支払って取り戻すと回答したインターネットユーザーは、4%であるとの調査結果をAcronisが取りまとめた。約7割は写真やファイルなど復元できるようバックアップの備えを行っているという。

AcronisのグローバルチームがGoogleサーベイを活用し、20歳以上でインターネットを利用する人を対象に調査を実施したもの。調査はワールドワイドで実施され、日本国内からは401人が回答した。

国内のインターネット利用者に対し、端末を利用できなくし、復旧を条件に金銭を要求するランサムウェアについて説明できるか尋ねたところ、「できる(2%)」「おそらくできる(8%)」はあわせて1割。「おそらく説明できない」「説明できない」をあわせると9割にのぼった。

一方、サイバー攻撃を受けた場合に写真やファイルなどが復元できるよう、バックアップなどの備えをしている国内のユーザーは72%と7割超にのぼり、データを取り戻すための身代金を支払うと答えた回答者は4%と1割に満たなかった。

(Security NEXT - 2017/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割