Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「有料動画サービスを無料で見られる」だますランサムウェアに注意

大手有料動画サービス「Netflix」を無料で利用できるなどと誘惑し、端末内のファイルを暗号化して金銭を要求するランサムウェアが確認された。複数のセキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

問題のランサムウェアは、「Netflix Login Generator」といった名称で流通。「Netflix」へアクセスができる不正アカウントを作成できるなどとだましていた。

ランサムウェアと気が付かずにプログラムを起動すると、画面上では不正アカウントらしき文字列が表示されるが、実際はCドライブにあるユーザーディレクトリ以下にある特定の拡張子を持ったファイルを暗号化。復号キーをBitcoinで購入するよう迫る。要求額は0.18BTCだった。

米Trend Microや露Kaspersky Labが調査した検体では、「Windows 7」「同10」のみで動作。他OSでは動作せずに終了するという。

(Security NEXT - 2017/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
恥ずかし画像で不安煽る詐欺メール、送信元を情セ大に偽装
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
ランサム被害ファイルの解析作業、復号ツール活用も視野に - 宇陀市立病院