Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSEC、「Andorid 7.0」に対応したセキュアコーディングガイド

20170209_js_001.jpg
Androidアプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド

日本スマートフォンセキュリティ協会は、「Androidアプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド」の改訂版となる2017年2月1日版を公開した。

同ガイドは、Androidアプリケーションにおいてセキュリティを考慮した設計や開発を行うためのノウハウをまとめた技術資料。

開発時に手本となるサンプルコードや留意事項を解説。さらにセキュリティの理解を深めるための話題をまとめたアドバンストセクションを収録している。

今回の改訂版では、「Network Security Configuration機能」をはじめ、「Android 7.0」における仕様変更などを反映。HTTPS通信の実装における注意点などを追加。そのほか、過去バージョンのAndroidに関する情報を追記、整理した。

(Security NEXT - 2017/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
【特別企画】企業のIoTセキュリティとスマホをテーマに講演会 - JSSEC
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
MS、ゼロデイ脆弱性の修正含む月例パッチを公開 - 公開済み定例外パッチにも注意を
NEC-SI、パーソナルデータを匿名加工するソリューション - 個人識別リスクも表示
「Wget」に深刻な脆弱性 - チャンクエンコードの処理に問題
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
深刻な脆弱性で「Apache Struts 2.3」系もアップデート - 緩和策も
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
「Androidアプリのセキュアコーディングガイド」に最新英語版