Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティリスクに関する最大の懸念は「従業員の不注意と知識不足」

日本企業が、セキュリティインシデントの原因として最も懸念している問題が「従業員の不注意と知識不足」であることがわかった。

Kaspersky Labが実施した2016年度の企業におけるセキュリティリスク調査で判明したもの。日本において中小企業と大企業に勤務する219人が回答した。

過去1年間に発生したセキュリティインシデントの原因では、「マルウェア」が59%でもっとも多く、次いで「従業員の不注意、知識不足(56%)」「標的型攻撃(43%)」「フィッシング、ソーシャルエンジニアリング(40%)」だった。

一方、セキュリティインシデントにおいて懸念する問題は、「従業員の不注意、知識不足」が49%で最多。「標的型攻撃(47%)」「マルウェア(45%)」「フィッシング、ソーシャルエンジニアリング(44%)」と続く。

情報セキュリティの問題で対処が難しいと感じている問題は、「データが保管されているデバイスやメディアの物理的な紛失(70.8%)」「従業員によるITリソースの不適切な使用(70.3%)」「モバイルデバイスでの不適切なデータ共有(69.4%)」など、従業員に関する問題がトップ3を占めた。またトップ10のうち6つが、情報の紛失や漏洩に関する問題だったという。

(Security NEXT - 2017/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
中南米のセキュリティ体制やCSIRT動向は? - JPCERT/CCが調査報告
パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる
セーフティクリティカルなシステムでのLinux活用目指してプロジェクト
中堅企業「情シス」、4割弱が1人以下 - 前年から7ポイント増
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
セキュキャン修了生イベント、成果発表やMVPを募集