Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SECCON CTF 2023」の予選参加登録がスタート - 週末開催へ

CTFコンテスト「SECCON CTF 2023」の予選が9月16日から翌17日にかけて開催される。予選への参加登録を開始した。

「SECCON CTF」は、セキュリティの知識や技術を競う国内最大級のCTF(Capture The Flag)コンテスト。2012年にスタートし、今回で12回目を迎える。国際部門において70万円、国内部門において30万円の総額100万円の賞金を用意している。

予選はオンラインでジェパディ形式にて実施。9月16日14時から翌17日にかけて24時間で争い、国内外参加者の上位10チームには国際部門決勝、国内参加者の上位10チームに国内部門決勝への出場権が与えられる。決勝は現地開催となり、12月23日、24日に都内で開催される予定。

また決勝同日に併催するカンファレンスイベント「SECCON Open Conference 2023」についても、発表者の募集を開始した。情報セキュリティに関する技術的な知見や自作ツールなどを発表する場を提供する。応募の締め切りは10月30日。

イベントの参加方法など詳細についてはSECCONのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2023/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開