Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4種類のランサムウェア復号ツールをあらたに公開 - Avast

Avast Softwareは、「Alcatraz Locker」をはじめ、ランサムウェアの被害者向けに、あらたな4種類の復号ツールを公開した。

2016年11月に確認されたランサムウェア「Alcatraz Locker」や、「JohnyCryptor」「Virus-Encode」といった別名を持つ「CrySiS」をはじめ、4種類のランサムウェアで暗号化されたファイルを復号するためのツールを開発し、無償で公開したもの。

2016年8月以降に活動が観測されているDelphiベースの「Globe」、ファイル名を変更しない特徴を持つ「NoobCrypt」にも対応。今回公開した4種類を含むあわせて11種類のツールをウェブサイト上で公開している。

同社に限らず、ランサムウェアの復号化ツールを提供する取り組みは、セキュリティベンダーで広がっており、Kaspersky LabやIntel Securityなど複数のセキュリティベンダーや法執行機関が参加するプロジェクト「No More Ransom」では、20種類以上のツールが公開されている。

(Security NEXT - 2017/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
QNAP製NASの脆弱性狙うランサムウェア「eCh0raix」に注意
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
高校でランサム被害、セキュリティ強化するも再発 - 川崎市
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
ZyXELのNAS製品にゼロデイ脆弱性 - 悪用コードが闇市場に
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害